プロペシアの発毛効果や副作用について詳しくご紹介します。
プロペシアはミノキシジルを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により
自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアとは

プロペシアは、経口タイプの男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
元々はプロスカーという商品名にて前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として利用されていましたが、その後の研究により毛髪の成長効果があることがわかり、男性型脱毛症の治療薬として販売されています。

世界で60カ国以上で承認されており、日本でもMSD株式会社が販売を行っております。

MSD株式会社は、アメリカ合衆国ニュージャージー州に本社を置く、世界的な大手製薬会社です。
2014年度の国内売り上げは3759億円。第5位の大手製薬会社です。

基本的には脱毛を予防し、毛髪を強くするという効果ですが、継続して使用することで毛量自体も増えたという実際の体験談も多く、臨床試験においても、プロペシア服用者の多くが発毛効果が認められています。

プロペシアの成分フィナステリド

プロペシアは「フィナステリド」という成分が1mg含有している5α-還元酵素阻害薬です。
この「フィナステリド」は、5α-還元酵素を阻害する働きを持ち、男性型脱毛症(AGA)を引起こしやすくする「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制することができます。
その効果により男性型脱毛症(AGA)の改善を行います。

男性型脱毛症(AGA)の原因には男性ホルモンとの関係が上げられます。

「5α-還元酵素」の働きにより、男性ホルモンの「テストステロン」から「DHT(ジヒドロテストステロン)」が作られます。
その「DHT」が高濃度になると「男性型脱毛症(AGA)」を引き起こします。

AGAの状態
プロペシアの服用

※DHTは体を作るのに必要なホルモンなので、無ければ良いという物ではありません。

プロペシアの効果

AGAは、成長期、退行期、休止期という毛周期を繰り返す過程において、成長期が短くなり休止期に留まる毛包が多くなる事を病態基盤とする症状です。
これにより、生え際から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化して短く細くなってしまい、最終的にはこれらの部分の頭髪は全てなくなります。

DHTの作用

この症状の原因となっているのがDHTで、男性ホルモン感受性毛包の毛乳頭細胞と結合する事により、増殖抑制因子を誘導する事により、毛母細胞の分裂が阻害されます。
これにより、通常であれば3年以上続く頭髪の成長期が、半年程度にまで短縮されてしまいます。

AGA発症率と効果

日本人男性の約30%に発症する症状であり、20代後半から30代にかけて著明となります。
プロペシアを服用する事により、DHTの生産が抑制されるので、毛周期が正常に移行するようになります。
短縮されていた成長期が通常化する事により、頭髪は長く成長する事になります。

厚生労働省に承認される前に行われた臨床試験では、1年間の服用で98%の確率で進行が防止されています。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用として、主に頭痛、腹痛、下痢、眠気といった医薬品によく見られる症状の他に、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用が報告されています。

プロペシアの禁忌

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人。
※プロペシアは女性に対する適応はありません。女性は使用しないで下さい。

プロペシアの初期脱毛とは

「プロペシアを服用しはじめて、逆に抜け毛が増えた」という利用者の声がよくあげられます。
実はこれがプロペシアの初期の効果が現れの証拠です。

初期脱毛が起こると不安になり、効果を信用できなくなり中断してしまう方もいらっしゃいますが継続することが大切です。
男性型脱毛症(AGA)は、成長期、退行期、休止期という毛周期を繰り返す過程において、成長期が短くなり休止期に留まる毛包が多くなる事を病態基盤とする症状です。これにより、生え際から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化して短く細くなってしまい、最終的にはこれらの部分の頭髪は全てなくなります。

ヘアサイクルが正常なサイクルに戻るため、休止期の髪の毛が抜け落ちる

初期脱毛の原因は、ヘアサイクルが正常なサイクルに戻るため、休止期の髪の毛が抜け落ちると考えられています。
プロペシアの初期脱毛は早い方であれば、服用開始から3日目くらいから症状が現れ、1週間くらいの間には、ほとんどの方に症状が現れます。
その後、約1ヶ月前後で、初期脱毛の症状はなくなりヘアサイクルが正常に戻ったと判断することができます。
プロペシアは継続的に服用し続けることで、効果を発揮し続けますので、中断することなく服用を続けることで発毛効果が得られます。

プロペシアのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先に開発されたお薬(先発医薬品)の後から開発されたお薬のことを差します。
主に先発医薬品に含まれている有効成分の特許権の期限が切れ、別の製薬会社によって開発されたお薬になります。

アメリカの製薬会社メルクシャープアンドドームより開発されたプロペシアの有効成分であるフィナステリドの特許期限は2019年であるため、ジェネリック医薬品を製造販売することができません。

特許
インドではジェネリック医薬品を製造できる

インドの場合、「2005年以前の医薬品」については、成分に関する特許が認められていません。
つまりインドでは「2005年以前の医薬品」は特許に関係なく製造販売が可能です。

「プロペシア」は2005年以前の医薬品であるため、「フィンペシア」や「エフペシア」などのジェネリック医薬品(後発医薬品)が製造販売されています。
このフィンペシアやエフペシアもプロペシアと同じフィナステリドが配合されている医薬品であるため、プロペシアと効果はかわりません。
また、開発費などもかからないため、先発医薬品であるプロペシアよりも安価で購入できるという利点があります。

プロペシアのジェネリック医薬品一覧はこちら
  • フィンペシア
  • フィナックス
  • フィナロ
  • プロスカルピン
ジェネリックのご購入はコチラ
インド特許話──────

インドは2005年以前まで医薬品に特許権を付与していなかったため、「2005年以前に特許申請された医薬品」については、ジェネリック薬品の製造販売が可能です。

薬品メーカーはインドに対して「2005年以前に特許申請された医薬品」の特許も守るように訴えていますが、「国境なき医師団」がインドのジェネリック薬品が無くなると「途上国の数百万人の命が犠牲になる」と発言し、インドがジェネリック薬品を自由に製造販売できるように活動をしているという背景もあります。

プロペシアの口コミ・体験談

プロペシアの効果は本物だ

薄毛治療といっても年齢も年齢ですし、「仕方ないのかな」と半分諦めてはいたものの市販の育毛シャンプーを使いながら気持ちを紛らわしていました。
そんな時に駅前にあるAGAクリニックのチラシにプロペシアというお薬を紹介したチラシを目にし、興味本意でプロペシアについて調べてみたところクリニックでなくともネット通販で購入できるということを知りました。
病院へ行くほどの悩みでもなかったのですが、通販で手軽に購入できるので試しに購入してみようと思ったのが通販でプロペシア治療を始めたきっかけです。
最初はちょっと不安でしたが、3ヶ月、4ヶ月と続けていくうちに髪のボリュームが増えてきたことを実感しはじめました。

プロペシア通販がおすすめです

病院で処方されている薬が医師の診察も処方箋も不要で通販で購入できると聞いて、最初は不安感を抱きましたが私の利用している通販サイトは利用者も多く、また購入者の口コミや意見なども多数掲載されているので、自分の症状や治療薬の選び方などにも大変参考になります。
いま私が利用しているのはプロペシアというAGAの治療薬になるのですが、プロペシアを服用しはじめてから2ヶ月で抜け毛もかなり減り効果を実感し始めています。
病院ほど高額にもなることも通院時間などスケジュールを気にすることなる治療ができるので大変助かっています。

やっぱりAGA治療ならプロペシアかな

薄毛治療、抜け毛予防と今までにいろいろと効果があると言われているものを試してきましたが、その中でも一番改善を感じられたのがプロペシアというAGA治療薬です。
最初は病院治療からスタートし、プロペシアの初期脱毛の症状に最初は焦りましたが、月を重ねるごとに発毛効果を実感できるようになりました。
またプロペシアの副作用にも悩まされることも無かったので、今は病院へ行かず自宅のPCからネットでプロペシアの通販を利用して個人輸入しています。とても安価で、AGAのように継続的な治療が必要なお薬の場合は病院へ行く必要もなくお薬を取寄せることができるので、とても便利に活用させていただいています。