×

プロペシアの発毛効果、副作用、通販について詳しくご紹介します。プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアが購入できるショップはコチラ

プロペシアで医療費控除が受けられる?

プロペシアは薄毛の男性にとっては深刻な悩みであるAGAの治療薬ですが、健康保険の適用対象外となるために購入する際の費用は全額自己負担となります。
負担が大きいので、何とか負担を減らす事が出来ないのかと悩んでいる人もいますが、そのような人が考える事の一つが医療費控除の対象とならないかどうかという事です。
プロペシアは健康保険の適用外ですが、健康保険が適用されない場合でも医療費控除が適用される可能性はあります。
医療費控除は1月1日から12月31日までの一年間に負担した医療費の合計額が10万円を超える場合は、確定申告を行う事で一部が還付されるという制度の事です。
この医療費は自分だけではなく家族と合わせた合計額となるので、プロペシアだけでは10万円を超えない場合でも家族全員の医療費を合わせれば10万円を超える可能性もあります。
医療費控除の対象となるのは、美容目的では無くて治療目的であるという事という扱いになっています。
つまり美容整形の費用は控除の対象とはなりませんし、健康診断も健康のために行うとはいえ治療を行う訳では無いので対象外となります。
AGA治療の場合はどうであるのかというと、税務署によっても対応が異なっているのが現状の様です。
髪の毛が無くても人間は生きていけますし、単に美容目的として捉える見解を示している場合もあるので、そのような認識であると医療費控除の対象には含める事は出来ないという事になります。
その一方で、医師の処方が必要で治療目的で病院へ行くので、一部は控除の対象となるという場合もあります。
そのために、医療費控除の対象となるかどうかについては、自分の住んでいる地域の所轄の税務署に相談をしてみた方が良いです。
対応が異なっているために無駄足になる可能性もありますが、絶対に認められないという訳では無く、認められる可能性もあります。
そして、医療費控除を受ける可能性がある以上は、プロペシアでAGA治療を行っている場合は領収書などはきちんと取っておいた方が良いです。

医療費控除のポイント
・医療費控除の対象となるのは、美容目的では無くて治療目的であるという事なので対象外。
・税務署によって対応が違うことや、一部は控除の対象になる場合があるので、税務署に相談してみた方が良い。

プロペシアの治療費に学割が適用される?

AGAの改善に効果が期待できる薬がプロペシアです。
従来、薄毛の改善は頭皮からのアプローチが一般的でしたが、今では医薬品を使って体の中からアプローチする事もできる様になっています。
しかし、基本的にプロペシアは風邪薬などよりは少々高額な薬となるので、人によっては費用が大きな負担となる可能性も否定できません。
では、プロペシアを利用する場合、割引サービス、例えば学割を利用する事が出来るのでしょうか。
プロペシアは未成年には使う事が出来ない薬になっているので、高校生などが利用する事は出来ません。
学割を利用する事が出来ればとても便利なのにと思う人もいるかもしれません蛾、そもそも高校生の場合は年齢的にアウトです。
大学生の場合は、未成年でなく成人していれば利用する事が出来ます。
学割に関しては、学校に通っている人と言うのが条件になっているだけなので、上限があるという訳ではありません。
社会人で大学に通っているという人も、この制度を利用する事は可能です。
しかし、一般の病院では残念ながら薬の処方などに学割が適用されるという事はほぼないので、通常の価格よりも割り引いて貰えるという事は有りません。
しかしAGAを専門としているクリニックの場合は各種割引制度が導入されている場合があり、学割も適用される場合があります。
なるべく安くプロペシアを利用したいと思ったら、この制度を利用する事が出来るかどうかという事を調べると良いでしょう。
割引に関しては、そのクリニックによっても適用される条件が違いますが、基本的には適用される場合はその旨がホームページなどに明記されている場合もあります。
そういう記載がないという場合もサービス自体がある場合もあるので、直接クリニックの方に問い合わせてみると良いでしょう。
その場合は電話での問い合わせもできますが、あまり急いでいないと時や知らない人とはなかなか話したくないと思っている時はメールを利用して質問をする事も可能な場合も少なくありません。

学割のポイント
・通常の病院では、基本的に学割はない。
・AGA専用クリニックだと、学割制度を導入している場合がある。
・プロペシアを服用可能な年齢が20歳からなので、20歳以上の学生に限る。