プロペシア
  • こんな人におすすめ!

  • 薄毛・抜け毛を改善したい方
  • まずはプロペシアで治療をしてみたい方
  • 厚生労働省が認可した安全な発毛剤を使いたい方

プロペシアとジェネリック薬 – 値段の違いと迷った時の薬の選び方

プロペシアとジェネリック薬 - 値段の違いと迷った時の薬の選び方

プロペシアとジェネリック薬

プロペシアは、MSD株式会社が販売しています。日本では2015年に特許が切れている関係で、様々な製薬会社から後発医薬品(ジェネリック)が販売されています。

国内で承認・販売されているプロペシアのジェネリック医薬品は、「フィナステリド錠1mg」という名前で東和薬品や沢井製薬、ファイザー社等から販売されています。有効成分の含有量が0.2mgと1mgのものがありますが、AGA専門クリニックでは、主に1mgの処方がメインとなります。

ジェネリック医薬品は先発医薬品であるプロペシアよりも安価で購入することができ、AGAクリニックで薬を処方してもらう際にお好きな方を選ぶことができます。プロペシアのジェネリック薬は、高額な治療費になりやすいAGA治療の非常に心強い味方となっています。

先発医薬品とジェネリック医薬品の違い

ジェネリック医薬品のメリットは、先発医薬品と主成分が一緒のため同等の治療効果を期待でき、尚且つ安価で購入できるため、治療費を安く抑えることができます。長期間薬を継続して服用する必要があるAGA治療薬には、非常に大きなメリットであると言えます。一見すると「ジェネリックはメリットしかない」と思われるかもしれません。しかし、主成分が同じだけで、ジェネリック薬と先発医薬品とは実は大きく異なっているのです。

ジェネリック医薬品について

新しい薬が開発されると、開発した製薬会社に一定期間の独占権が付与されます。製造特許や製法特許、物質特許などにより保護されます。主成分の物質特許が切れると、後発医薬品を様々なメーカーから発売できるようになります。同じ主成分を使った医薬品を他社が製造し販売していきます。人気の薬であるほど多くの製薬会社が、ジェネリックを製造し販売しています。新薬の開発に本来ならば何億とかかる莫大な研究&開発費用が不要となるため、ジェネリック薬は薬価が安くなっています。

一般的に薬価が決まっている先発医薬品の3割引(先発医薬品の7割の値段)で決められていましたが、後発医薬品の薬価改定により先発医薬品の0.5掛け(半額)が基本となりました。また後発医薬品が10品目を超えると0.4掛けになり更に安くなります。後になって発売されたジェネリック医薬品は最低価格に合わせる形となため、同じジェネリックの中でも薬価に若干の差が生じています。一番安い薬を希望したとしても、最安値の薬が調剤薬局や病院にあるとは限らないためご注意下さい。

ジェネリックと先発医薬品の微差

先発医薬品と後発医薬品(ジェネリック)は主成分が同じだけで、薬を作る上で必要な添加物が異なっていることがあります。この微差により、効き過ぎた影響により副作用が重くなったり、先発医薬品にのみ認められている適応症が、ジェネリックには認めれていないケースも多々あります。また先発医薬品は効果があっても、ジェネリック薬は効き目がイマイチだったということもあります。もちろんその逆も然りです。

その為、値段に釣られてジェネリックに切り替えたけど、思わぬ所で意外な副作用が起こるということが考えられます。そして何よりも、先発医薬品は承認時に、服用しても重大な被害がないか等の臨床試験が行われていますが、ジェネリック薬については、新薬の承認時のような厳密な検査を行わずに済む点です。

経口タイプのジェネリック薬の審査時には、「生物学的同等性試験」と呼ばれる試験が行われますが、この試験内容は「体循環血中に入る薬物の速度と量が同等」かどうかを調べます。つまり、薬を服用して吸収される薬の薬物量と薬物濃度が先発品と同等であるかどうかという点を見ています。

薬を服用し体内で処理され体外に排出される過程のみを注目し、薬の効果については主成分が一緒なため、承認された先発医薬品の安全性が既に確立されている事もあり、軽微な誤差があっても問題視していません。事実、誤差と見なす範囲のズレが試験で出たとしても、問題なくジェネリック薬として承認されているのです。

先発品とジェネリック薬の違い

  • 開発費がかかっていないため薬代が安い
  • 主成分は同じでも添加物など製造法は異なっている

まとめ

  • 値段重視の方・・・ジェネリックがオススメ
  • 安全性を重視・・・先発医薬品がオススメ

通販で買えるプロペシアのジェネリック薬

プロペシアや国産ジェネリックのフィナステリド錠などは、AGA専門クリニックを受診すれば処方してもらえます。もし近所にAGA専門クリニックが無い場合は、最寄りの皮膚科などで対応してくれるかもしれません。

プロペシアやフィナステリド錠等のAGA治療薬の薬代は、保険適用外となる「自由診療」扱いとなるため、受診する医療機関によって金額が異なっています。更にクリニックによっては、初診料や血液検査料など別途かかる所もあります。予算や目的を考慮して、あなたに適した方法を選択すると良いでしょう。

しかし、通販サイトでAGA治療薬を購入する場合、薬代と送料のみしかかかりませんので、治療にかかる費用が明確になります。

今や海外で流通している安価なプロペシアのジェネリック薬も、医薬品の個人輸入代行の通販サイトから手軽に購入できます。医薬品の通販サイトから購入できる人気のプロペシアジェネリックは、「フィンペシア」です。

フィンペシアはインドの製薬会社シプラ社が販売しています。高品質低価格が売りのインド製ジェネリックの中でも、フィンペシアは1箱150錠入で6,980円。1錠あたり46.5円と激安価格で購入できます。プロペシアは1錠あたりの281.4円となっているため、比較しても約1/6の値段と圧倒的に安価で購入できるのです。

通販で買えるプロペシアとジェネリック薬の値段比較

  プロペシア ジェネリック
薬代(1錠) 219円~282円 20円~47円

フィンペシアもプロペシアと同様に、主成分がフィナステリドです。効果が出るまで半年〜1年くらいは継続して使用し続ける必用があります。長期間の服用で、髪の毛の育毛サイクルが改善し抜け毛が減少するため、多くの人が増毛に成功しています。

またフィンペシアは値段も安価なため、プロペシアよりもAGA治療費を抑えてくれます。この浮いた予算で、育毛剤のリアップに代表されるミノキシジル外用薬を併用したり、日本国内では処方されていないミノキシジルの経口薬(通称ミノタブ)も一緒に購入して併用して服用することもできます。

ミノキシジルとの併用で、フィンペシアで脱毛を予防しミノキシジルで頭皮の血行を改善し育毛させて、より効果的に薄毛治療を行っている人もたくさんいます。リアップに代表されるミノキシジルの外用薬より、効果が高いミノキシジルの経口薬と併用により、理想的な育毛&増毛効果を発揮できます。

更に安価なジェネリック薬は1日たったの26.8円

フィンペシアよりも更に安価なプロペシアのジェネリック薬もあります。インタス社の「フィナロ」と、フォーチュンヘルスケア社の「プロスカルピン」です。

フィナロは1箱100錠入りで3,980円で販売されており、1日1錠あたり39.8円です。1箱100錠入りのため、2箱の200錠でおよそ半年分となりますので、治療効果を試してみるのに1万円でもお釣りがくる計算です。

フィナロより更に安いのが、プロスカルピンです。1箱100錠入りで2,680円。1日1錠あたり26.8円と圧倒的に安価で購入できるが魅力です。

どちらの薬もプロペシアと同じ、フィナステリドを主成分とした薬ですので、1日1回1錠を継続した服用で効果を発揮してくれます。

ジェネリック薬のまとめ

  • 開発費がかかっていないため薬代が安い
  • 主成分は同じでも添加物など製造法は異なっている

ジェネリック薬の通販

購入ボタンをクリックすると、ネット総合病院に移動します。本気で治療を考えて入る方には、まとめ買い割引がオススメです。飛んだ先の真ん中あたりにありますので、AGA治療薬を更に安価に購入できます。

プロペシアジェネリックを購入希望の場合は、ページ下部の購入するボタンをクリックすることで、通販サイトから購入することができます。

様々な医薬品の通販サイトで、プロペシアのジェネリック医薬品を購入できます。中には偽物を取り扱うサイトも有るため注意が必要です。当サイトで紹介している通販サイト「ネット総合病院」は、正規品本物保証があり、取り扱っている医薬品は全て正規品のみ。またVISAやMASTERCARDだけでなくJCBカードやAMERICAN EXPRESSのクレジットカードも使えるため、安心して購入できるサイトです。

健全な通販サイトには必須項目の特商法表記もあります。薬の発送先に自宅以外に郵便局留めも利用できるので、家族にもバレることなく購入できる点もオススメです。