プロペシアの発毛効果や副作用について詳しくご紹介します。
プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により
自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアが購入できるショップはコチラ

プロペシアの価格比較

薄毛の治療に必要なものは、症状の原因に対する知識と、それに対処する方法です。 近年では男性型脱毛症(AGA)に悩まされる男性が多く、薬局で薄毛に効果的と言われる頭髪ケア用のシャンプーや育毛剤を使うことも多いのですが、これらはあくまで予防としての効果しか期待できず、本格的なAGAの治療となると専門のクリニックに行くことが重要となります。 クリニックでは頭皮のケアはもちろんのこと、薄毛の改善が認められたとされるプロペシアなどの治療薬が処方されます。 プロペシアはAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する作用があり、これによっ頭頂部や額の生え際の薄毛の進行を止める効果があります。

  病院 個人輸入(通販)
薬価(1錠)
※プロペシアは1日1錠
200円~500円 170円~280円
▼ジェネリックの場合
20円~248円
その他費用 診察代(保険不適応)
3,000円~5,000円
▼送料
無料~700円

クリニックでプロペシアの処方だけならば、簡単なカウンセリングを受けて、30分もしないうちに購入することができますが、健康保険がきかずに自由診療として全額自己負担となるのがネックです。
また、薬価基準未収載薬とされるため、プロペシアの料金に決まりはなく、クリニックの言い値となっていることから、場所によっては非常に高価な薬になることも少なくありません。
平均的なプロペシアの薬価(1錠)は250円ほどですが、決まりがないことから、350円や中には500円などとかかる場合もあります。
最も安くても30日分の処方で7,500円はかかるとされ、診察代も3,000~5,000円と違いが大きく、最低でも10,000円前後の費用がかかるとされています。
最近では初診代が無料で、薬価も非常に安いところが増えてきましたが、それでも高額な費用を請求するクリニックもあるので、財布との相談が重要なものとなっています。

クリニックによる価格比較をすると最も安い薬価では200円前後ですが、インターネットによる通販を利用すると200円を切ることも多いので、長期間の服用を目的としたプロペシアでは、クリニックへの交通費や診察代などを考えると、通販での購入が最も安くできるようです。

プロペシア病院価格について

プロペシアは、男性の薄毛の大部分を占めているAGAという症状の治療薬です。AGAの原因物質DHTの生産に関与している、Ⅱ型の5α還元酵素の活性を阻害します。
これにより、脱毛症の原因物質の生産が抑制されるので、薄毛の進行を止めることが可能となります。
2,005年に厚生労働省に承認される以前に1年間かけて実施した臨床試験では、98%という高確率で不変以上の効果が発揮されたことが確認されています。

頭髪は見た目を左右するという重要な役割を担っていますが、健康という部分においてはそれほどの値打ちはありません。頭部を守るために存在していると推測されていますが、仮に全てを失ったとしても健康への直接的なダメージは全くありません。このために、医療機関では急性の円形脱毛症などのごく一部の症状を除いては、治療の対象として取り扱っていませんでした。

プロペシアが開発されたことにより、医療機関でも薄毛治療が実施されていますが、健康保険が適用されない自由診療に分類されています。これは、薄毛の治療は美容目的と認識されているからであり、費用は全て実費となります。
プロペシアの病院価格は、自由診療のためにクリニックごとに違っていますが、1カ月分で1万円程度が相場となっています。

なお、プロペシアの服用方法は極めて簡単で、1日に1錠水かお湯で飲むだけという内容です。
頭皮や頭髪に直接作用するわけではないので、AGA以外の脱毛症に対しては効果は全くありません。
また、発毛を促進する様な成分も配合されていないので、改善のスピードは非常にゆっくりです。
最低でも半年程度の使用が必要であり、あまり早い段階で見切りをつけるのは望ましくありません。

プロペシアを使用してすぐに抜け毛が増加するという現象に見舞われることがありますが、これは狂っていたヘアサイクルが清浄化したことによるものです。
初期脱毛とも呼ばれている良化途上の一時的な症状であり、驚いてやめてしまっては何も得ることが出来ません。