プロペシア
  • こんな人におすすめ!

  • 薄毛・抜け毛を改善したい方
  • まずはプロペシアで治療をしてみたい方
  • 厚生労働省が認可した安全な発毛剤を使いたい方

プロペシアの価格比較

プロペシアの価格比較

薄毛の治療に必要なものは、症状の原因に対する知識と、それに対処する方法です。近年では男性型脱毛症(AGA)に悩まされる男性が多く、薬局で薄毛に効果的と言われる頭髪ケア用のシャンプーや育毛剤を使うことも多いのですが、これらはあくまで予防としての効果しか期待できず、本格的なAGA治療となると専門のクリニックに行くことが重要となります。クリニックでは頭皮のケアはもちろんのこと、薄毛の改善が認められたとされるプロペシアなどの治療薬が処方されます。

病院 個人輸入(通販)
薬価(1錠)
※プロペシアは1日1錠
200円~500円 170円~280円
▼ジェネリックの場合
20円~248円
その他費用 診察代(保険不適応)
3,000円~5,000円
▼送料
無料~700円

クリニックでプロペシアの処方だけならば、簡単なカウンセリングを受けて、30分もしないうちに購入することができますが、健康保険が効かずに自由診療として全額自己負担となるのがネックです。また、プロペシアは薬価基準未収載薬とされるため、プロペシアの料金に決まりはなく、クリニックの言い値となっています。地方や地域、病院によっては非常に高価な薬になることも少なくありません。

平均的なプロペシアの薬価(1錠)は250円ほどですが、決まりがないことから、350円や中には500円以上かかる場合もあります。

最も安くても30日分の処方で7,500円はかかるとされ、診察代も3,000円~5,000円と違いが大きく、薬代も含めれば最低でも10,000円前後の費用がかかることも多々あります。最近では初診料が無料で、薬価も安いところが増えてきましたが、別途血液検査料が必要だったりするクリニックもあり、薬代も含めると1万円を超える高額な費用なってしまう事も多々あります。必ず事前に予算を決めておき、薬の量はお財布と相談して決めることが何よりも重要です。

クリニックによる価格比較をすると最も安い価格で、1錠200円前後ですが、インターネットによる通販を利用すると200円を切ることも多いので、長期間の服用を目的としたプロペシアでは、クリニックへの交通費や診察代などを考えると、通販での購入が最も安くできるようです。

プロペシアの通販価格

セット 通常価格 販売価格 割引
プロペシア1箱 7,880円
プロペシア2箱 15,760円 14,184円 10%OFF
プロペシア3箱 23,649円 20,330円 14%OFF
プロペシア5箱 39,400円 32,308円 18%OFF
プロペシア7箱 55,160円 43,025円 22%OFF

上記の価格は、当サイトでも紹介している「ネット総合病院」のプロペシアの価格です。100%正規品しか扱わないサイトですので、安心して購入することができます。

また他の医薬品の通販サイトでも、プロペシア1箱で7,500円〜8,000円前後が相場となっていました。このあたりをプロペシアの価格相場として、上記の金額より明らかに安過ぎるサイトにはご注意ください。偽物の可能性が高くなります。

プロペシアの病院価格

クリニックの受付イメージ

頭髪は見た目を左右するという重要な役割を担っていますが、健康という部分においてはそれほどの値打ちはありません。頭部を守るために存在していると推測されていますが、仮に全てを失ったとしても健康への直接的なダメージは全くありません。このために、医療機関では急性の円形脱毛症などのごく一部の症状を除いては、治療の対象として取り扱っていませんでした。

プロペシアが開発されたことにより、医療機関でも薄毛治療が実施されていますが、健康保険が適用されない自由診療に分類されています。これは、薄毛の治療は美容目的と認識されているからであり、費用は全て実費となります。<プロペシアの病院価格は、自由診療のためにクリニックごとに違っていますが、1カ月分で1万円程度が相場となっています。

ジェネリックの価格

AGAの専門クリニックや皮膚科などでMSD社のプロペシアを購入できますが、先発医薬品以外に後発医薬品(ジェネリック)の扱いがあれば、「フィナステリド錠」を選ぶことができます。プロペシアジェネリックのフィナステリド錠は、フィナステリド錠0.2mg「トーワ」やフィナステリド錠0.2mg「ファイザー」など日本の製薬会社からも販売されています。プロペシア同様に自由診療となるため、価格は病院によって異なります。

全国のAGA治療を行うクリニックの公式HPで紹介されていた価格では、国産のジェネリック医薬品の場合、1ヶ月分で4,000円〜6,000円の価格帯が平均的な金額でした。全国全ての病院に直接電話をして確認したわけではないため、もしかしたら上記の価格帯よりも安く処方してくれる病院があるかもしれません。

薬代以外に費用に注意

血液検査イメージ

AGAクリニックについて色々と調べていると、薬代などの料金表を掲示していて、「診察料が無料」であると紹介しているサイトが多々見つかります。実際にジェネリック薬を処方してもらったりすると、薬代も安かったりします。しかし、診察料や薬代以外にかかる費用があります。薬を処方してもらうために血液検査を必須としているクリニックも多々あります。血液検査では、肝臓の数値や男性ホルモンの量などを検査します。血液検査で薄毛の原因が男性型脱毛症であるかどうかを調べる為、AGA治療薬を処方してもらうために必須といえば必須なのかもしれません。

私が色々なクリニックを調べた限り、薬代を安く紹介している病院では、初回のみ安く2ヶ月目以降は通常の価格になっている病院もありました。薬代が平均相場以下なので安く感じるかもしれませんが、初診時には検査料や初診料など別途3,000円〜5,000円弱かかります。

病院でかかる費用
  • 自由診療のため全額自己負担
  • 初診料や処方料、検査料など別途3,000円~かかる場合がある

筆者の実体験

診察イメージ

私も以前、AGAのクリニックで治療を受けたことがあります。全国の主要都市にも同様のクリニックがあり、HPで事前に価格を調べておいたので、おおよその相場は理解していたつもりでした。相談料・診察料が無料なのでかかる費用は薬代のみ。薬代も1ヶ月分なら1万円しないだろうと予想していました。

クリニックで医者に言われたのが、「この薬だけでは現状維持がやっとで、髪を増やしたいならこの薬とこの薬を併用して・・・」と合計2万円近くかかると言われました。その時は勧められた薬ではなく、プロペシアのみを処方してもらって帰ってきました。値段はジェネリック薬の方が安い為、金額面では助かるのですが副作用への懸念がありました。私は普段からきちんとした臨床試験を行っている先発医薬品しか購入しない様にしているため、先発医薬品を購入しました。

しかし医者の提案を断るのは、かなり勇気が入る事を身をもって学びました。現金をそこまで持ち合わせていなかったのもあります。また当時は血液検査が必須ではなかったのですが、最近は必須となった様です。高額な薬を購入することで無料になるそうです。

私はこの体験以来、クリニックを受診することなく通販で薬を買うようにしています。一度診察を受けたからというのもあります。初めて行くクリニックで、また同じような気まずい雰囲気を味わいたくないことと、通販サイトから購入すれば余計な費用を心配しなくて済むからです。

また予約してクリニックまで車を走らせてという手間も必用ありません。安価な薬でAGA治療への入り口を低く見せる手法もありますので、皆さんもクリニックを受診する前には、一度電話で問い合わせをしてから、かかる費用を確認しておくことを強くオススメします。

なお、プロペシアの服用方法は極めて簡単で、1日に1回1錠を水かお湯で飲むだけです。育毛剤のリアップのように頭皮や毛髪に直接使う訳ではないので、AGA以外の脱毛症には効果が全くありません。

また、発毛を促進する様な成分も配合されていないので、髪の毛が増えていっている実感が中々得にくいのも事実です。効果が出るまで、最低でも半年程度の使用が必要であり、あまり早い段階で見切りをつけるのは間違いです。

プロペシアを使用してしばらくすると抜け毛が増加するという現象に見舞われることがありますが、これは狂っていたヘアサイクルが正常化したことによるものです。初期脱毛とも呼ばれている良化途上の一時的な症状であり、驚いて止めてしまっては何も得ることが出来ません。実際に私も抜け毛が増えたかもと感じましたが、頭皮が露出するような抜け毛ではなく、風呂場を掃除していて初めて気がついた程度です。朝起きて枕元に大量の髪の毛がということはありませんのでご心配無用です。

髪の毛を増やすために、半年は継続して治療していきましょう。元気な髪の毛が確実に蘇ってきます!