プロペシアの発毛効果や副作用について詳しくご紹介します。
プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により
自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアが購入できるショップはコチラ

プロペシアの副作用が肝臓に与える影響

プロペシアは薄毛の予防や改善に効果的な薬で、AGA治療においては画期的な治療薬として用いられています。
頭皮に過剰に分泌される悪性の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制し、減少させることで抜け毛が減る、毛が正常に伸びるといった効果が出るのが特徴で、副作用も少ないことから薄毛に悩む男性のほとんどが服用するほど人気があります。
しかし、薬である以上は副作用も少なからず存在しており、頭痛やめまいといった症状から、時には肝機能障害が出るといった報告もあります。
そのせいか、プロペシアは肝臓に悪い薬と噂されるようになっていますが、実際にはどれほどの影響があるのか、知っている人は少ないようです。
肝臓には代謝・分解・解毒といった働きがあり、食べ物から吸収されたタンパク質や脂肪などを代謝したり、アルコールを分解・解毒して、体に良い効果をもたらすようにしています。
同様に薬が血中に溶け込むと肝臓に送られ、体に悪いとされる毒素を解毒する役割も持ちます。そのため、薬を服用すると少なからず負担がかかり、肝機能障害にかかる可能性も高まってくるのです。
これはプロペシアだけでなく他の薬剤にも言えることで、一部の肝臓を経由しない薬も存在しますが、ほとんどが肝臓に負担をかけるリスクがあります。
プロペシアは肝臓への負担が軽いとされていますが、継続的に服用する目的となっているため、徐々に肝臓に負担をかけ、重篤な肝機能障害に陥ることもあるようです。
しかし、その他の薬に比べてもリスクはかなり低く、重篤な肝機能障害にかかった患者は全体の2%以下とも言われています。
副作用が現れた場合は、服用を中止すれば改善されますが、重篤な症状に入ると、肝炎や肝硬変の疾患が起こります。
普段から肝臓に気を遣って生活していれば問題はない程度のものなので、アルコールなどの負担がかかるものは控えるようにします。
体に異変が起こった場合は無理に服用せず、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

プロペシアが肝臓に与える影響のポイント
・プロペシアは肝臓への負担が軽い。
・しかし、プロペシアに関わらず、毎日薬を飲むことは、肝臓に負担を与える。
・体に異変が起こった場合は、服用を中止し、医師に相談する。

プロペシア服用中の飲酒との関係

プロペシアは継続して利用する事によって効果を感じる事が出来る物となっています。
その為、食生活や飲酒などについても気を付けるべきなのではないかと思う人も少なくありません。
ただ、実際の所はアルコールとの組み合わせについてはそれ程神経質になる必要はないというのが現時点での見解となっています。
しかし、だったらどれだけでも飲んでも良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、決してそういう事ではありません。
まず一つ注意したいのが肝臓への影響です。
人体に入ったアルコールは肝臓で分解されるのですが、実際にはプロペシアの代謝も行っています。
小さな臓器でアルコールとプロペシア、両方の対応をする事になったら、オーバーワークとなってしまう可能性は否定できません。
その為、肝臓の負担がかなり大きくなってしまうので、結果的に肝機能の低下に至ってしまう可能性もあります。
とはいってもアルコール摂取が絶対にダメだという事ではありません。
特にこの薬はいつまでも飲み続けるという事になっているので、その期間中は禁酒するという事も難しいという人もいるでしょう。
したがって、そういう場合は出来るだけ飲酒量を減らすという事が重要です。
そうすれば、肝臓に負担を掛ける事無くプロペシアを服用する事が出来る様になるはずです。
もう一つ重要なのは、出来るだけ肝臓を休ませるという事です。
プロペシアは毎日服用する必要があるので、その服用を休んでしまうという事は出来ません。
反対にアルコールはやめる事が出来るので、休肝日を設けるという事もポイントになります。
臭に数日休肝日を設ける事が出来れば、それだけ肝臓の負担を軽減する事が出来るからです。
したがって、プロペシアを服用している間は出来るだけアルコールの摂取を控える、もし飲酒する場合は量には気を付けるという事が重要です。
そういう点に注意する事によって、肝臓に負担を掛ける事無くより安全にプロペシアを服用する事が出来る様になります。

プロペシア服用中の飲酒のポイント
・毎日プロペシアを飲むことで、肝臓に負担がかかっている。
・飲酒も肝臓に負担をかける。
・禁酒する程ではないが、お酒を飲まない日等をつくり、肝臓に無理をさせない。