プロペシア
  • こんな人におすすめ!

  • 薄毛・抜け毛を改善したい方
  • まずはプロペシアで治療をしてみたい方
  • 厚生労働省が認可した安全な発毛剤を使いたい方

プロペシアの副作用でED(勃起不全)になるのか?

プロペシアの副作用でED(勃起不全)になるのか?

プロペシアの副作用でED(勃起不全)になると信じている人がいますが、安全性を検証する実験において精力の減退を感じた人はわずか1.1%、勃起不全を起こした人は0.7%しかいませんでした。

副作用の種類別発現頻度一覧
安全性評価対象例数 276
副作用の種類 発現件数
勃起機能不全 2
射精障害 1
精液量減少 1
精液量減少 3
データ引用:プロペシア錠 インタビューフォーム 製造販売元:MSD株式会社

つまりプロペシアを服用した結果、EDになる人はほとんどいないという結果でした。しかし、結果を見ればEDになる可能性はあるが、確率は極めて低いが正しい見解です。

プロペシアの副作用のEDに注意

確かにプロペシアによってEDになる確率は0ではありませんが、そこまで心配する必要は無いということです。プロペシアが男性ホルモンの分泌を抑える薬であるから、「男性ホルモンが少なくなる=EDになる」と間違った認識を持っている人は、下記の表を見て下さい。

抗アンドロゲン剤と5α還元酵素阻害剤の違い
5α還元酵素阻害剤 抗アンドロゲン剤
男性ホルモンの生成量 変わらない 減少
DHT 減少 減少

プロペシアは男性ホルモンの分泌過多によっておこる脱毛症AGAに有効な治療薬ですが、男性ホルモンの分泌を抑える働きをするわけではありません。

近年急増している男性特有のがんでもある「前立腺がん」の治療などで処方される抗アンドロゲン剤は、主に睾丸などで生成される男性ホルモン(アンドロゲン)の生成を妨げます。男性ホルモンの生成自体を減少させることで、がんの進行を抑えます。

一方、主に前立腺肥大症の治療で処方されるアボルブ(主成分デュタステリド)やプロペシアの主成分フィナステリド等の5α還元酵素阻害薬には、男性ホルモンの大半を占めるテストステロンがより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換するのを妨げる効果があります。変換に必要な酵素である5α還元酵素(5-αリダクターゼ)を抑制するため、DHTにならずにテストステロンのまま存在し続けます。つまり男性ホルモンを減少させる訳ではないため、抗アンドロゲン剤と比べてEDの副作用が少なくなります。

男性ホルモンが髪の毛に悪影響を与えるのは、毛根の中にある酵素と結びついてDHTに変化するためです。ジヒドロテストステロンは毛根に働きかけ成長過程にある毛髪の活動を止めさせ抜け毛を増やすと共に、ヘアサイクルを乱し髪の毛を生えにさせるため薄毛が進行していきます。

プロペシアは、主に頭頂部や毛乳頭に多い5α還元酵素2型に作用します。髪の毛に影響する男性ホルモンが5α還元酵素と結びつくのを防ぐ働きをする為、髪の毛が正常に育つようになり髪の寿命が延びると共に、ヘアサイクルも正常になって頭髪が増えてくるようになります。

男性ホルモンの分泌量を減らしたり影響を与えることはないので、精力減退や男性の性機能障害になる心配はなく、むしろAGAの人にとっては最も有効な薄毛改善方法といえるでしょう。AGAは何らかの対処をしないと進行していく脱毛症です。早めにプロペシアを服用すれば、それだけ健康な毛根が多いので薄毛を改善して髪の毛を増やすことができます。薄毛が進行していても頭皮に産毛が残っている状態であれば、毛根にまだ発毛できる力が残っているので服用すれば効果が期待できます。

プロペシアによるEDのポイント
  • EDになる人はほとんどいない。
  • EDは心的原因が大きいため、「EDになる」という噂が影響しているかもしれない。

EDにならないために

プロペシアの副作用により、極め低確率ですがEDになります。そこでEDにならないように回避する方法を下記にまとめてみました。

  • 心因性対策でEDになると思い込まない

    ストレスや不安など、心のトラブルもEDの要因です。プロペシアによる副作用以外の問題点を解消することでEDが治ることもあります。

  • ED治療薬を服用する

    特に中年以降にプロペシアを服用している方は、加齢によるEDの可能性も否めません。必要な時に勃起できない場合は、大変なのことになります。そんな方には、バイアグラやシアリスの様なED治療薬を購入しておくことで、「いざ!」という時に非常に強力な味方となること間違いなしです。

プロペシアが原因のEDは低確率でしか起きません。つまり副作用以外の要因によるEDをまずは疑ってみましょう。

  • 高血圧
  • コレステロール値が高い脂質異常症(高脂血症)
  • 糖尿病
  • 肥満や運動不足
  • ストレスや疲労
  • 更年期障害による男性ホルモンの減少

上記に該当するのはありませんか?加齢により特に40代以降は、男性ホルモンの分泌量が減ってきます。顕著化する50代になると男性にも更年期障害が起きています。肥満や運動不足により、筋力が不足していると男性ホルモンの分泌量も低くなります。つまりEDになりやすくなります。

また勃起に必要な血流が滞っていると、勃起できません。血流を妨げる高血圧や脂質異常症の方もEDになりやすくなります。更に大敵となるのが糖尿病です。重度の糖尿病患者がED治療薬を服用しても勃起できないことが多々あります。これらEDの要因の多くはは、生活習慣の改善で対応できます。プロペシアの副作用を疑う前に、一度ご自身のライフスタイルを見直してみましょう。生活習慣病の改善は、AGA治療にも非常に効果的となります。

ポストフィナステリド症候群について

うつ病や精神不安

プロペシアを使用していもEDになる可能性はわずか1%足らずと低いのは、臨床試験の結果が証明してくれています。しかし低確率でEDを発症し、プロペシアの服用を中止してもEDの症状が後遺症として持続する「ポストフィナステリド症候群(PFS)」になる人が、報告されています。この症状は極稀となりますが、もしプロペシアを服用していて下記のような症状が発症した場合は、服用中止も含め一度医師の診断を受けてみましょう。

症状

    • 男性機能の症状

    • リビドー減退
    • 勃起不全
    • 射精障害
    • 精液量の減少
    • ペニスの縮小
    • ペイロニー病
    • 陰嚢の収縮
    • 身体的な症状

    • 女性の乳房化
    • 慢性疲労
    • 気力低下
    • 筋萎縮
    • 筋肉のけいれん
    • 乾燥肌
    • 肝斑(シミ)
    • 耳鳴り
    • 肥満化
    • 基礎代謝の低下
    • 体温の低下
    • 自殺未遂
    • 脳・精神的な症状

    • 記憶障害
    • 思考力の低下
    • 理解力の低下
    • うつ病
    • 自殺願望
    • 不安にかられやすい
    • 無感情
    • 喜怒哀楽がなくなる
    • 不眠症

上記の症状がポストフィナステリド症候群の特徴です。プロペシアの服用を中止した後も長期に渡って後遺症が出ることがあるそうです。
詳細は2012年に設立されたポストフィナステリド症候群財団のサイトで紹介されています。

この症状は、プロペシアで副作用を起こした人にのみ起こる可能性があり、現状の発生件数も少ないため、詳しい原因は今のところわかっていません。
もし発生したとしてもプロペシアの男性機能関連の副作用発生率の1%足らずの内の更に数%だと推測されます。つまり宝くじの高額当選確率並の低確率であると予想できます。

ポストフィナステリド症候群財団 The post-finasteride syndrome foundation
※英語のサイトです

プロペシアの副作用と発がん成分の危険性について

プロペシアは、前立腺肥大症の治療薬として開発されました。薬の開発中に、被験者の髪が生えるという副作用が報告されたことから、発毛剤として研究されるようになりました。プロペシアはAGAに対して高い効果を期待できる半面、副作用も生じる可能性があります。臨床的には肝機能低下や違和感、性欲減退などが確認されています。この他にインターネット上では、発がん性に関する内容も認めています。

日本では、薬事法に基づいて安全性が確認された上で厚生労働省から認可がおります。このプロペシアも例外では無く、有効成分や錠剤を保護するコーティング剤における発がん性をクリアした薬品です。

では、なぜ発がん性に関する内容を認めたかというと、実は、プロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシアという薬があります。このフィンペシアは、世界的にも有名な製薬会社のひとつであるインドのシプラ社が製造販売していますが、フィンペシアのコーティングに使用していた物質にキノリンイエローという色素に問題があるのです。

キノリンイエローには発がん性の疑いがあるとされ、日本の食品への添加が認められていません。しかし海外では添加が認められており、発がん性に関しては十分な根拠が無いのが現状です。やはり、発がん性があると言われると心配になる気持ちは理解できます。

フィンペシアのキノリンイエロー問題は、実は既に解決しており、現在はフィンペシアの添加物にも使用されていません。少し前まで製造されていた薬に使われていたため、現在も使われているかのように情報が独り歩きした可能性があります。そのため、かなり前に製造されたフィンペシアであれば発がん性の危険はありますが、今現在流通しているフィンペシアにはキノリンイエローは含まれていませんので、安心して服用できます。当然ながら、プロペシアには一切使われていませんので、例え古くても安心して服用できます。

発がん成分の危険性のポイント
  • プロペシアには発がん成分は入ってない。
  • フィンペシアにはコーティングしている「キノリンイエロー」に発がん成分があると言われている。
  • しかし、現在流通しているフィンペシアには「キノリンイエロー」は使われていない。