プロペシア
  • こんな人におすすめ!

  • 薄毛・抜け毛を改善したい方
  • まずはプロペシアで治療をしてみたい方
  • 厚生労働省が認可した安全な発毛剤を使いたい方

プロペシアの服用と服用年齢について

プロペシアの服用と服用年齢について

プロペシアの服用と服用年齢

薄毛や抜け毛に悩む人は多く、一刻でも早く薄毛を防ぎ髪を増やしたいと思うのは至極当然です。治療薬であるプロペシアを服用する上で、年齢の制限はあるのでしょうか?

もともとは前立腺肥大症の治療薬であったプロペシアには、男性ホルモンの1種ジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑え、前立腺の肥大化を抑制させる効果があります。男性ホルモンのDHTは男性が男らしい身体を作るために必要なホルモンですが、思春期以降に必要以上に分泌されてしまうと、主に頭頂部や前頭部の髪を作るための細胞分裂を鈍らせる働きがあります。この作用により髪の毛の発毛や育毛を阻害してしまうのです。

男性型脱毛症(AGA)に悩んでいる人にはDHTの分泌を抑え、髪を作るための細胞分裂の働きを正常に戻すことができるため、AGAの進行を遅らせたり髪を増やす効果が期待できます。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、思春期以前には男性が男らしい身体であるために必要不可欠な男性ホルモンです。その分泌量を制限してしまうプロペシアは成長期の男性への服用が禁じられているのです。特に生殖器の形成・成長には欠かすことができないホルモンであるため、母親のお腹の中で胎児の生殖器の生成に必要なのです。

女性がプロペシアの有効成分のフィナステリドを服用したり、偶然にも吸収してしまうと、胎児の生殖器の成長に影響を与えてしまい、男性か女子か区別がつきにくい生殖器を持った男児が産まれてしまう可能性があります。これにより、女性はプロペシアの服用や、触れることも禁忌とされています。

以上の理由により、プロペシアの服用は思春期を過ぎた男性のみと言われているのです。女性や男児がいる家庭でプロペシアを服用する場合には、服用する本人以外が誤飲したり、間違って触れることがないように慎重に扱うようにしましょう。触れるくらい大丈夫だろうと思われるかもしれませんが、錠剤に触れるだけでも皮膚から成分が吸収される可能性があるため、服用者以外が触れないように管理することが重要です。

服用年齢についてのポイント
  • 男性が思春期以前にプロペシアを服用すると、男らしい身体であるためには必要不可欠なホルモンが抑えられてしまうため、服用してはいけない。
  • プロペシアの服用は20歳になってから。

プロペシアの年齢制限について

未成年は服用禁止

プロペシアは5α還元酵素阻害薬と呼ばれ、男性型脱毛症(AGA)の薄毛の治療で処方される薬です。AGAの頭部では、ジヒドロテストステロン(DHT)が異常分泌されていることが認められており、この物質がヘアサイクルを乱し、髪の毛が十分に成長できずに抜けていくという症状となります。

DHTは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びついて生成されるため、プロペシアで5α還元酵素の働きを阻害することで、DHTの生成を抑制し抜け毛の原因を取り除くとされています。

頭頂部や額の生え際が薄毛になり徐々に進行するのがAGAです。30代以降の男性によく見られる症状ですが、最近では20代後半でもクリニックに相談に来ることが多いと言われています。最も早い人では10代から薄毛になることもあるようで、AGAはもはや様々な年代の男性にとって重大な悩みのひとつとなっています。

AGAの進行を早い内に抑えるために、薄毛が気になりはじめた時にはプロペシアを服用して抜け毛を抑えることは大切ですが、未成年の男性がプロペシアを服用することは禁止されています。プロペシアには年齢制限がかけられており、添付文書にも

20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない

と明記されています。当然ながら専門のクリニックに通っても、プロペシアの処方は断られることになります。19歳と20歳の男性ではプロペシア服用による効果に大きな違いが生じるわけではありませんが、安全性のめにも【効能・効果に関連する使用上の注意】に従うことが必要です。

また同じAGA治療では、育毛剤として使われているミノキシジルがあります。TVCMでも有名なリアップの主成分がミノキシジルで、リアップも20歳未満は使用禁止となっています。改正薬事法によりAmazonや楽天などの通販サイトから注文が可能となりましたが、未成年の男性が使用して、万が一にも重篤な副作用が出てしまった場合、正しい使用法ではないので保証はされませんので注意しましょう。

そのため、20歳の誕生を迎えるまでは、大人しく治療薬に頼らない頭皮ケアや、クリニックでの治療方法に従うようにしましょう。20歳以上の男性であれば年齢に関係なく使用できるので、クリニックで処方してもらうか、医薬品の通販サイトによる個人輸入によりプロペシアを購入して、男性型脱毛症の治療をしていきましょう。

年齢制限のポイント

  • プロペシアは20歳未満の安全が確立されていない。
  • クリニックに通っても、20歳未満だとプロペシアは処方されない。

10代のAGA治療

プロペシアやそのインド製ジェネリック医薬品のフィンペシアエフペシアといった経口薬も、ミノキシジルを主成分としたリアップのような外用薬や、ミノタブと呼ばれる経口薬であっても未成年の使用は推奨されていません。それでは10代でAGAに悩む若人は、治療できないのでしょうか?

国内のAGAクリニックでも、10代の患者を治療してくれるところはたくさんあります。しかし、18歳未満の場合は保護者と同伴、もしくは同意書がないとカウンセリングすら受けれないところがほとんどです。また、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬や育毛剤は、20歳以上でないと処方してくれません。更にクリニックでの治療費も安くなく、むしろ高額な負担となります。

その為、もし未成年の内から薄毛や抜け毛を本気で悩んでいる場合、ノンシリコンのアミノ酸系の育毛シャンプーや、亜鉛・ノコギリヤシなど天然由来成分のサプリを服用してみてはいかがでしょうか?AGA治療薬などと比べても、天然由来成分のため副作用が少なく安心して服用できます。

プロペシアなどのAGAクリニック等で処方される薬は男性ホルモンに作用するため、身体が成長期の段階で服用することは、絶対にオススメできません。

また頭髪は20代前半をピークにして成長します。男性の場合は髪の毛の最盛期は20歳であると、一般的に言われている程です。最盛期を迎える前に、薬を服用することがいかにリスクを伴う行為なのか、理解した上で治療にあたりましょう。