×

プロペシアの発毛効果、副作用、通販について詳しくご紹介します。プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアが購入できるショップはコチラ

プロペシアの通販購入について

AGA治療薬であるプロペシアは日本で手に入れようとする場合は通常は病院に行って医師に処方して貰う必要があります。
健康にかかわる事ではないために健康保険が適用されないので、費用の全額を自己負担する事になるので少々値段も高いです。

しかし、ネットの通販サイトを調べてみるとプロペシアを販売しているサイトもあります。
これは違法に薬を販売しているという訳ではありません。
医薬品を個人で使用する目的での輸入は、法律で認められているからです。

  病院処方の場合 海外から輸入した場合
法律
診察 有り 無し
健康保険 適応外(全額負担) 適応外(全額負担)
受け渡し方法 手渡し 郵送(国際便)

※個人輸入した医薬品は、注文した本人のみ服用が認められています。
※個人輸入をした医薬品を、国内で販売や譲渡することは違法です。
※例えばプロペシアは女性が利用できない医薬品なので、女性が譲渡目的で輸入することはできません。

ただ、英語で書かれた海外の通販サイトを利用するのは難しいかと思います。
そのため、一般的には「個人輸入代行サイト」が使われています。
例えば、個人輸入代行の場合、通常の通販サイトのように注文しますが、直接サイトの運営が販売しているわけではなく、海外から輸入する手続きのみを代行して行います。

個人輸入代行サービスの流れ
1
個人輸入代行ホームページで、「注文と支払い」をします。
利用者 → 代行業者
2
個人輸入代行業者は、利用者の「注文と支払い」を預かります。
そして、利用者の代わりに、海外の医薬品販売業者に「注文と支払い」をします。
代行業者 → 海外医薬品業者
3
海外の医薬品販売業者は、注文された医薬品を、日本の利用者に直接発送します。
海外医薬品業者 → 利用者

プロペシアを購入するために通販サイトを利用するメリットとしては、わざわざ病院へ行く時間や手間が必要なく自宅に届けてくれ、価格についてもかなり安い値段で手に入る場合もあります。
そのために、病院へ行く時間が無い、場所が遠くて通うのが大変、病院だと値段が高いので安く手に入れたい、などという人に通販は便利です。

その一方で個人輸入代行業者を利用する際には気をつけなければならない事もあります。
まず、最も気をつけた方が良い事としては、報道された事もあるように業者によっては人気の医薬品の偽造品を販売しているケースがあり、安易に頼むと偽物である可能性があります。
偽物の薬は不衛生な環境で作られていたり、中には効果が無いだけではなく有害な成分が含まれている可能性もあります。
だからこそ、通販を利用する場合は信頼できる業者を探す事が非常に重要です。

ニセモノ参考画像
日本で流通している本物 海外で流通している本物
安心して個人輸入するためのポイント
・クレジットカード決済ができる。(クレジットカード会社に信用されている)
・ネットで認知度がある。(目立っても閉鎖されるようなサイトではない)

また、医薬品を購入する際には自己責任となり、医薬品は使い方によっては非常に危険な場合があるだけでは無く、副作用が起こる事も考えられるので、自分で薬に関する注意はしっかりと守る事なども忘れてはならないです。

プロペシアの通販購入方法とメリット

男性にとって非常に大きな悩みとなる薄毛において、プロペシアは画期的な治療薬となっています。
男性型脱毛症(AGA)の原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する効果があり、1mgの服用でも多くの男性に改善効果が認められており、現在ではAGA治療を専門に行うクリニックで処方される薬となっています。

しかし、治療には長い期間の服用が必要とされ、効果が見られるまでは少なくとも6ヶ月、あるいは12ヶ月は経過が必要とされ、その後も脱毛を抑えるために継続的な服用を続けなくてはいけません。

病院だと長い期間の通院が必要になる

AGAは病気とは認められておらず、クリニックでも自由診療となることから、その治療は全て自己負担となります。
プロペシアも同様に薬価基準未収載薬となっており、健康保険が適用されずに全額負担となることから、クリニックで処方されると費用がかかり高価な薬となってしまいます。

病院のポイント
・長く通院する必要がある。
・自由診療のため保険がきかないのため、高額になる。
※持病等もっている方、他の医薬品を服用している方は、かかりつけの医師に相談して下さい。

毎日使用する薬となるので、薬価を少しでも抑えたいと考える人は多く、最近では通販によって購入する人が増えてきています。
プロペシアは国内で認可されている薬ですが、要指示薬となっているので医師の処方なしでは、国内で購入できません。
しかし、プロペシアを海外から個人輸入で購入することは法律で認められています。
個人輸入の場合、薬価だけでも処方される薬より安く買えるメリットがあり、診察代や病院に通う交通費もかからないこと、自宅に届くことで通院して誰かに見られるという心配がないことも挙げられます。

個人輸入のポイント
・国内より安く買える(ジェネリックという選択肢もある)
・診察代や交通費もかからない。
・病院で知り合いに見つかる心配が無い。

個人輸入は諸々の手続きが必要となるので、個人輸入代行業者を利用して手続きによる手間を割いて購入する方法が一番良いでしょう。
個人使用の範囲内であれば、薬事法に抵触することはないので安心して利用できます。

ただし、プロペシアは有名なAGA治療薬なので、偽物や粗悪品が多いことからも、個人輸入で購入するにはリスクが伴うので、注意が必要となります。
口コミなどを見て、安いだけでは踊らされず、信頼できるサイトを見つけることが重要なポイントとなります。