プロペシア
  • こんな人におすすめ!

  • 薄毛・抜け毛を改善したい方
  • まずはプロペシアで治療をしてみたい方
  • 厚生労働省が認可した安全な発毛剤を使いたい方

プロペシアを使うか迷ったらブログから体験談を参考にする

プロペシアを使うか迷ったらブログから体験談を参考にする

ブログや体験談を参考に

プロペシアは、容量用法を正しく守れば、高い治療効果が期待できるAGAの治療薬です。しかしこの事実を、知っている人もいれば全く知らない人もいます。プロペシアを服用したことがある人は、効果を実感できる人もいれば途中で服用を止めてしまい効果を実感できなかった人もいます。

特に初めて服用する方には、効果はありそうでも何らかの副作用があるのではないかと心配になる方もいます。また抑々どのように効果を感じる事が出来るのか、どういう変化が期待できるのか、体調にはどのような影響があるのかなどが気になるという方も少なくありません。

これらの不安に関しては、医療機関に聞くというのも一つの方法です。また文献などを見て調べるという方法もあります。ただ、プロペシアを正しく利用する為には、自分自身で色々な事を調べて正しく理解しておく事がとても重要です。そこで、情報源として便利な物のひとつがブログです。

ブログには様々なジャンルの物があり、中には薄毛治療に関して触れているという物も珍しくありません。googleやYahoo!で検索すれば、プロペシア利用に関する記事を簡単に見ることができます。

また、実際に効果があったという人も、プロペシアだけを利用したのか、他の方法を併用したのか、AGAクリニックで治療したのか、薬だけ購入して治療したのかという事も同時に調べる事が出来ます。

ある程度の期間記録を残している記事の場合は、その人変化の様子を文章だけでなく画像を見て確認する事もできるはずです。こういう記録と言うのは、なかなか簡単に文献などで見つける事が出来る物ではないので、とても参考になる物だと言っても良いでしょう。つまり、プロペシアを安全に利用する為にも、既に利用している人のブログを参考にする事はとてもメリットがある事だと言えます。

プロペシア体験談から学ぶ効果と副作用

プロペシア体験談から学ぶことができる効果としては、「薄毛の進行を抑える」ことと、「使い続けることで増毛する」ことがあるということで、これらに関しては、プロペシアを半年以上使い続けないと効果を実感することができません。

人間の髪の毛は成長と脱毛を半年周期で行っているので、実際に増えていると実感できるまでには半年以上かかります。また服用を中止すると薄毛の進行がもう一度始まるので、最低でも2年程度はプロペシアを服用し続けなければなりません。日本では男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてクリニックなどで処方されるのですが、個人輸入を利用することで医薬品の通販サイトから手軽に購入することができます。

体験談では発毛効果について書かれていますが、実際には脱毛による薄毛の進行を抑制するのが主な目的なので、全ての人が育毛効果を実感できるとは限りません。プロペシアの効果は、男性ホルモンの1種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で脱毛してしまう髪の毛のサイクルを正常化させる為に、DHTを抑制するのが目的です。

もともと発毛するための細胞組織が頭皮に残されている場合には発毛する可能性があります。しかし、完全に毛母細胞などが死んでしまった場合には、どんなに治療をしても髪の毛は生えてきません。つまり、完全に砂漠化した頭皮では治療効果は望めません。

ブログを確認する際には、自分と近い年齢や髪の毛・毛髪量の人を参考にすると、ご自身で服用した時の効果に近づけます。しかしながら、AGAの侵攻は、人によって大きく異なります。若くてもAGAになる人もいれば、中年以降に発症する方もいます。更に、薬の効果が出やすい・出にくいは服用した方の薬の代謝能力にも依存します。顕著に効果があらわれる人もいれば、出にくい人もいるという、相性も現実的に存在します。

そのため、必ずしも服用したら副作用が出るという訳でもないし、効果が無いということもありません。体験談の多くは、初期段階で止めてしまった人も含まれ、1ヶ月程度で服用を止めてしまえば、効果を実感できることはありません。「効果がなかった」「無駄だった」という声もありますが、きちんと長期間服用しつづけた結果の記事を参考にしてみてください。

ブログでの確認ポイント
  • どれくらいからどこまで増えたか?
  • 薬の副作用などはどうなのか?

購入時には通販がオススメ

AGA治療では発毛を促す効果があるミノキシジルと併用するのが一般的で、同時に服用するとより高い効果が期待できます。薄毛の原因は生活習慣の乱れや遺伝の場合もありますので、薬を服用しながら生活習慣も改善しなければなりません。専門のクリニックではカウンセリングや血液検査が行われ、AGAの原因を特定してからサプリメントやプロペシアなど治療薬が処方されるのですが、個人輸入の場合は検査などを受けないので、薬代以外の余計な費用がかからない分、治療費を安く抑えることができます。

しかしプロペシアのジェネリック医薬品は安全性の高いものとそうでないものがあり、また信頼できる業者に依頼しないと偽物が送られてくることもあります。偽物は有効成分が均一に入っていないので、効果を実感できないどころか、健康被害に遭う場合があるので注意が必要です。事実、プロペシアのジェネリックには、日本では食品への使用が禁止されている添加物「キノリンイエロー」が使用されていた例もありました。正規品のみを取り扱う医薬品の通販サイトから購入するようにしましょう。