×

プロペシアの発毛効果、副作用、通販について詳しくご紹介します。プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアが購入できるショップはコチラ

プロペシアを女性は触ってもいけない理由

プロペシアは男性型脱毛症の進行を遅らせる薬です。
男性ホルモンに作用するため、男性とは薄毛や脱毛の原因が違うところにある女性が服用しても効果はありません。
それどころか、女性は薬の錠剤を触ることさえ禁忌とされています。

もともとプロペシアは男性の前立腺肥大のための薬として開発され処方されてきましたが、服用者に髪が増えるという副作用があったため、再度育毛や増毛の薬として発売されたという経緯があります。
前立腺肥大のための薬としては、ジヒドロテストステロンという前立腺が肥大する原因となる男性ホルモンの分泌を抑えるという作用があります。
女性にも男性と比べると少量ではありますがジヒドロテストステロンが分泌されています。このジヒドロテストステロンは女性が男児を妊娠した時に作用します。

赤ちゃんはお腹の中で細胞分裂をしながら成長していきますが、生殖器ができる時期にジヒドロテストステロンが必要となります。
しかしプロペシアの中の有効成分であるフィナステリドを母親が吸収してしまうと男児の生殖器が形成できず、男女どちらなのかがはっきりしない生殖器を持った男児が産まれてしまう可能性があるのです。

また、思春期以前の男子も同様の理由により服用や触れることはしない方が良いと言われています。
また、プロペシアを触ってしまうだけでも体内に吸収されてしまう可能性があるため、女性は錠剤を触ることも禁止されているのです。

プロペシアを服用、また触っていいのは、思春期を過ぎた男性のみです。

男性がプロペシアを服用していてパートナーが妊娠した場合には影響は表れないというデータもあります。
危険なのはお腹の中に赤ちゃんがいる状態で普段過ごす場所にプロペシアがあることです。
そのため、女性が近づく場所や触れす場所にプロペシアを置かない、近づく可能性のある場所で服用しない、万が一錠剤が割れるなどした場合には、男性が片づけるようにするなどの配慮が必要となります。

女性のプロペシア服用禁止と胎児への影響

プロペシアとは、男性型脱毛症の進行を抑えるための飲む育毛剤です。一般では、フィナステリドとも呼ばれています。
プロペシアは、男性ホルモンの作用を抑制する抗アンドロゲン薬の一種のため、頭頂部だけでなく生え際などの前髪にも効果が期待できます。
プロペシアは、女性の服用は禁止されています。服用禁止の理由としては、女性に効果がないことだけでなく、妊娠時に胎児へのリスクが高まるからとされています。
そのため、妊娠している女性または妊娠の予定がある女性は、服用するどころから触れることも禁止されています。

プロペシアは、5α-リダクターゼの働きを妨げることで、薄毛の原因となるDHTを抑えることができます。
DHTは、男性だけでなく女性にもあり、男児を妊娠している際に作用します。男児を妊娠した際に、子宮内の胎児は細胞分裂を繰り返していきます。
この時に男児の生殖器を形成するためには、DHTが必要となります。
そのため、妊娠中の女性がプロペシアを飲むことで、DHTが減少してしまうと、男女の区別がはっきりしない生殖器を持った男児が生まれるリスクがあります。

男女の区別がはっきりしない生殖器を持った男児でも思春期になりホルモンレベルが上がることで、正常な男性の生殖器になるとされていますが、理論的には、胎児の生殖器の発達を阻害してしまう可能性があるということで禁止されています。
同じ理由により、思春期を終えていない少年の服用も禁止されています。

女性の薄毛の場合は、ホルモンバランスの乱れから引き起こされることが多いです。
加齢やストレス、睡眠不足、自律神経の乱れなどにより女性ホルモンの量が減少することでバランスが乱れ、薄毛につながります。原因がわかっていることが多いため、男性に比べると比較的改善されやすい脱毛症ともいえます。

女性の場合は、プロペシアを服用せず、生活習慣を整え、健康的な生活を送ることが薄毛の改善へとつながります。