×

プロペシアの発毛効果、副作用、通販について詳しくご紹介します。プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアが購入できるショップはコチラ

プロペシアを病院で処方してもらうには

近頃では男性型脱毛症専門のクリニックなども増えてきました。
プロペシアを病院で処方してもらうには、そのような頭皮や脱毛について専門の病院に行くのが一番確実です。
専門の病院ならば、治療をしてきた人数も多いためそれだけのデータを持っています。
頭皮や脱毛についての知識がないけれど他の病気のような感じで恥ずかしさなく通える病院より、専門の病院の方が脱毛や薄毛についての治療には強いはずです。
専門の病院に行った方が最終的に短期間で治療効果が上がるであろうことは簡単に想像ができます。
頭皮や脱毛、抜け毛の悩みでの通院は普通の風邪などのように1、2度病院にいたらそれで治療が終了するわけでもなく、長い付き合いになります。そのため、病院選びは慎重に行うようにしましょう。
病院選びの基本は治療内容にもよりますが、治療費も重要なポイントとなります。長期間の治療が必要になれば、それだけ費用も高額になります。
また、脱毛や薄毛で悩んで病院で治療を行い、プロペシアを処方してもらっても健康保険を利用することは出来ません。女性が美容外科などで整形するときと同じように「見た目を良くするための治療」と判断されるため、国民みんなが平等に病気や怪我の治療を受けることができるためにある健康保険は利用できないのです。
そのため、治療や検査にかかる費用や処方してもらったプロペシアなどの料金はすべて自費で負担しなければなりません。
自費負担の場合には、病院の治療費や薬の料金はすべて病院や調剤薬局が設定しています。そのため、どの病院で治療するのかを決めることが重要になってきます。
プロペシアを病院で処方してもらうと、1か月分で8000円~10000円程度が相場だと言われています。
まずはこの金額を目安にして、病院を探してみると良いでしょう。また、近頃の病院ではネットで治療費や治療の内容を公開しているところも多くあります。
治療費が明確にされているところを選択するのも一つの方法です。

病院処方のポイント
・AGA専門のクリニックを選ぶ。
・自由診療のため保険適応されず全額負担。
・長期治療になる。

プロペシアは健康保険が適用されるのか?

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の画期的な治療薬として開発され、いまでは薄毛の男性に無くてはならないほど重要な薬となっています。
しかし、いくら効果的な治療薬とは言っても、服用してすぐに効果が出るものではなく、半年や1年以上もの服用が必要とされることから、非常に高価な薬とされています。
プロペシアは1mgで1日1錠の薬ですが、薬価は1錠で約320円とされ、それを1年も服用し続ければかなりの金額となりますし、1年で効果が発揮されても、脱毛を抑えることが目的のため、その後も継続して服用し続ける必要があります。
プロペシアの服用を続けるには経済的に苦しいところもあるので、少しでも安く購入したいと考える人は少なくありません。
プロペシアの処方に健康保険が適用されれば、自己負担が3割で済むので良いのですが、残念なことにAGAは病気として認められておらず、保険適用には至らないのが実状です。
AGAのような薄毛や脱毛といった症状は健康的な被害ではないとされ、毛を伸ばすために存在するプロペシアでは、ムダ毛を脱毛するような行為と等しく、美容目的に分類されています。
脂漏性皮膚炎による頭部の荒れなどであれば保険もきくのですが、AGAはそれらとは全く別の原因となっています。
また、プロペシアが他の疾患に利用できる治療薬であれば、その名目で処方してもらうことも可能ですが、そういった小細工も出来なくなっています。
元々は前立腺肥大症の治療薬として開発された経緯がありますが、現在ではAGA専用の治療薬となっており、それ以外の使い道がない薬となってしまい、AGAが病気と認定されない以上は保険が適用されなくなります。
同様に薄毛治療が目的とした植毛や、専用の育毛剤なども保険がききません。
しかし、AGAをそのままにしておいても進行するばかりなので、毛が抜けきる前に治療を早く始めた方がいいでしょう。
現在はインターネットでの通販が可能なので、医師の処方で購入せずに通販によってプロペシアを取り寄せるのが最も経済的なようです。

健康保険のポイント
・美容整形と同様に、AGA治療は保険適応されない。
・継続して通院が難しく安くしませたい場合は、ネット通販で取り寄せると経済的。