プロペシア
  • こんな人におすすめ!

  • 薄毛・抜け毛を改善したい方
  • まずはプロペシアで治療をしてみたい方
  • 厚生労働省が認可した安全な発毛剤を使いたい方

プロペシア副作用で太る原因

プロペシアの副作用で太る原因

プロペシアで太る?

「男性型脱毛症の治療のためにプロペシアを飲んでいたら、太った!」という噂があります。この噂により、服用するのが不安になってしまう人もいますが、実際にプロペシアを服用することで太ってしまうのでしょうか?

プロペシアに添付してある文章には、副作用として太るという記載はありません。しかし、太る、と感じている人は少なくありません。これは、プロペシアが男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する作用があるからだという意見が一般的です。

治療中に太る要因

男性ホルモンの大半を占めるテストステロンをパワーアップさせたのがジヒドロテストステロンです。このホルモンは、筋肉などより男らしい体つくりに必要なホルモンです。男性ホルモンの中でもDHTが作られないため割合が減少するため、筋肉に少なからず影響は出ているものと推測できます。

また筋肉は、人間の基礎代謝に大きく影響するため、基礎代謝が落ちると、痩せにくく太りやすい体質になります。

ホルモンは身体の中で様々な働きをしていて、人間の健康や精神状態で様々な変化を及ぼします。その分泌のバランスが崩れてしまうと、人間の身体には様々な影響が出ると言われています。特に女性に多い更年期障害などもホルモンバランスが崩れてしまうために起こる症状です。

プロペシアを服用したことで、本来のホルモンバランスを崩してしまうため、その副作用として太りやすくなってしまうのかもしれません。実際にプロペシアを服用している人の体験談を見ると、太りやすくなったというよりは、「痩せづらくなった」という声の方が多いようです。また、プロペシアを服用すればすぐに薄毛や脱毛が解消されるというわけではなく、継続的に根気よく服用していくことで効果が期待できるものです。

プロペシアを飲んでいるのにまったく効果がない」というような精神的な焦りやイライラなどが原因で気づかないうちに食べ過ぎてしまっていたり、自律神経のバランスやホルモンの分泌量に影響を与えている可能性も挙げられています。その人の体質や状況、生活環境などによって薬の効果が表れるまでの時間や改善の程度も違ってきます。

そのため、ゆったりと治療を行い、効果が出るまで半年以上はかかるため、焦らずに治療していくことも重要なポイントです。それでも副作用によって太ることが気になる人は、治療薬の服用と同時に食生活や生活習慣の改善を行ってみるといいでしょう。

特に食生活の改善は髪や頭皮の健康に大きな効果を見せてくれることは間違いありません。

太る事についてのポイント
  • プロペシアに太るという副作用はない
  • しかし、ホルモンバランスを崩し太りやすくなるかもしれない
  • ストレスの可能性もあるので、食生活を見直す。頭皮の健康にとっても良い事である
  • 加齢や運動不足による基礎代謝の低下で太りやすく痩せにくくなる

プロペシアでうつ病になるって本当?

鬱症状が出る

薬の中には副作用が報告されている物も沢山ありますが、基本的には体調に注意しながら、また医師や薬剤師と相談しながら利用すればそれ程過剰に心配しなくても大丈夫な物も沢山あります。現在、男性型脱毛症(AGA)が原因の薄毛やハゲの改善に効果があると言われているプロペシアも、服用に際して様々な副作用が出てくる可能性がある薬の一つです。

その一つがうつ症状です。プロペシアの添付文章にもその他の副作用に、頻度不明ながら「抑うつ症状」と明記されています。

薄毛とうつ症状には何も関係がないのではないかと思う人もいるでしょうが、プロペシアが男性ホルモンの生成に大きな影響を与えていることが原因ではないかと推測されています。しかし、現状も原因不明となります。これらのEDやうつ症状などは、「ポストフィナステリド症候群」と呼ばれています。

ただ服用する人すべてがうつ病になるという訳ではなく、現状では極めて低い数値となっています。臨床試験のデータを見ても、1%以下となるため、鬱になる可能性があるという程度で問題はありません。しかし、これはプロペシアの服用のみが原因のうつ症状です。ストレスや仕事の環境、生活環境や家族・友人・仲間との人間関係など、うつ病を引き起こす様々な要因に我々が生きていく中では、絶えずさらされています。

上記のことも含めて、当サイトの見解としては、プロペシアの副作用のみで起こるうつ病は低確率ですので、気に止めるまででもないでしょう。喫煙者全員が肺がんになる訳ではなく、非喫煙者でも肺がんになり、昨今の喫煙率低下の中でも肺がんの罹患数も死亡者数も増加しているのが現実です。

また、実際に服用している人で何らかの精神的な影響を感じている、前に比べるとやる気が出ないとか楽しさを感じないと思っている人は、一度プロペシアの服用を止めてみるのも解決策の1つです。

うつ病についてのポイント
  • プロペシアを飲むことで「やる気が出ない」「元気が出ない」といった症状が出る可能性がある
  • もしそのような症状が出た場合は、医師に相談して、今後の治療方針を決めた方が良い