×

プロペシアの発毛効果、副作用、通販について詳しくご紹介します。プロペシアはフィナステリドを主成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

多くの薄毛や抜け毛でお悩みの方がプロペシアの発毛効果により自信を取り戻しているとても優秀なお薬です。

プロペシアが購入できるショップはコチラ

プロペシア副作用で太る原因

「男性型脱毛症の治療のためにプロペシアを飲んでいたら、太った!」という噂があり、服用するのが不安になってしまう人もいますが、実際にプロペシアを服用することで太ってしまうのでしょうか。 プロペシアに添付してある文章には、副作用として太るという記載はありません。しかし、太る、と感じている人は少なくありません。 これは、プロペシアが男性ホルモンの分泌を抑制する作用があるからだという意見が一般的です。

ホルモンは身体の中で様々な働きをしていて、人間の健康や精神状態今で様々な変化を及ぼします。
その分泌のバランスが崩れてしまうと、人間の身体には様々な影響が出ると言われていて、特に女性に多い更年期障害などもホルモンバランスが崩れてしまうために起こってしまう症状です。
プロペシアを服用することにより本来のホルモンバランスを崩してしまうわけですから、その副作用として太りやすくなってしまうのかもしれません。
実際にプロペシアを服用している人の体験談を見ると、太りやすくなったというよりは、痩せづらくなった、という声の方が多いようです。また、プロペシアを服用すればすぐに薄毛や脱毛が解消されるというわけではなく、継続的に根気よく服用していくことで効果が期待できるものです。
しかし「プロペシアを飲んでいるのにまったく効果がない」というような精神的な焦りやイライラなどが原因で気づかないうちに食べ過ぎてしまっていたり、自律神経のバランスやホルモンの分泌量に影響を与えている可能性も挙げられています。その人の体質や状況によって薬の効果が表れるまでの時間や改善の程度も違ってきます。
ゆったりと治療を行っていくことも重要なポイントです。
それでも副作用によって太ることが気になる人は、治療薬の服用と同時に食生活や生活習慣の改善を行ってみるといいでしょう。

特に食生活の改善は髪や頭皮の健康に大きな効果を見せてくれることは間違いありません。

太る事についてのポイント
・プロペシアに太るという副作用はない。
・しかし、ホルモンバランスを崩し太りやすくなるかもしれない。
・ストレスの可能性もあるので、食生活を見直す。頭皮の健康にとっても良い事である。

プロペシアでうつ病になるって本当?

薬の中には副作用が報告されている物も沢山ありますが、基本的には体調に注意しながら、また医師や薬剤師と相談しながら利用すればそれ程過剰に心配しなくても大丈夫な物も沢山あります。
現在、薄毛の改善に効果があると言われているプロペシアも、服用に際して様々な副作用が出てくる可能性がある薬の一つです。 その一つがうつ症状です。

薄毛とうつ症状には何も関係がないのではないかと思う人もいるでしょうが、実際にはプロペシアは男性ホルモンの生成に大きな影響を与えます。
AGAは男性ホルモンが影響して起こる薄毛なので、その影響を少なくする事によって現時点の様な症状が出なくなると考える事が出来ます。
実際、プロペシアを服用する事によって薄毛が進行しなくなったと感じる人も珍しくありません。

しかしプロペシアに含まれているフィナステリドは、確かに薄毛には良い効果が期待できるのですが、抑うつに関係する神経活性ステロイドも減少させる可能性があります。
その為、人によってはやる気が出ないとか、元気が出ない、集中力が続かない、楽しくないと言った症状が出てしまう事も珍しくありません。
その為、プロペシアを利用する事によってうつ病になる可能性があると言われる事になります。

ただ服用する人は全てうつ病になるという訳ではなく、服用している人にどれくらいの確率で出てくるかという事も分かりません。
あくまでもその可能性があるという事にとどまっています。
だから、もしかしたらそういう可能性があるかもしれないので、今後プロペシアを利用するという時は、うつ病の様な症状が出てしまう可能性もあるので、充分注意して服用する必要があると考える事が出来ます。
また、実際に服用している人で何らかの精神的な影響を感じている、前に比べるとやる気が出ないとか楽しさを感じないと思っている人は、プロペシアを処方してくれた病院に相談して服用をどうするか決めるというのも、正しい判断だと言えるでしょう。

うつ病についてのポイント
・プロペシアを飲むことで「やる気が出ない」「元気が出ない」といった症状が出る可能性がある。
・もしそのような症状が出た場合は、医師に相談して、今後の治療方針を決めた方が良い。