プロペシアの副作用でED(勃起不全)になるのか?

プロペシアの副作用でED(勃起不全)になると信じている人がいますが、安全性を検証する実験において精力の減退を感じた人はわずか1.1%、勃起不全を起こした人は0.7%しかいませんでした。
つまりプロペシアを服用した結果EDになる人はほとんどいないということになります。
むしろそういった噂を信じることで精神的な影響を受けていつもと違うと感じる人が出てきたため、プロペシアの服用がEDと関連付けられたといえるでしょう。

プロペシアの副作用のEDに注意

どうしてプロペシアとED症が関連付けられたのかというと、プロペシアが男性ホルモンの分泌を抑える薬であると間違った認識をもっている人が多いからです。プロペシアは男性ホルモン分泌過多によっておこる脱毛症AGAに有効な治療薬ですが、男性ホルモンの分泌を抑える働きをするわけではありません。

男性ホルモンが髪の毛に悪影響を与えるのは、毛根の中にある酵素と結びついてジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化するためです。
ジヒドロテストステロンは毛根に働きかけて活動をやめさせ抜け毛を増やすと共に、ヘアサイクルを乱し髪の毛を生えにくくするため薄毛が進行していきます。
プロペシアは男性ホルモンが酵素と結びつくのを防ぐ働きをするので、ジヒドロテストステロンが生成されなくなります。その結果髪の毛が正常に育つようになり髪の寿命が延びると共に、ヘアサイクルも正常になって頭髪が増えてくるようになります。
男性ホルモンの分泌量を減らしたり影響を与えることはないので、精力減退や男性の性機能障害になる心配はなく、むしろAGAの人にとっては最も有効な薄毛改善方法といえるでしょう。
AGAは何らかの対処をしないと進行していく脱毛症です。早めにプロペシアを服用すれば、それだけ健康な毛根が多いので薄毛を改善して髪の毛を増やすことができます。
薄毛が進行していても頭皮に産毛が残っている状態であれば、毛根にまだ発毛できる力が残っているので服用すれば効果が期待できます。

プロペシアによるEDのポイント
・プロペシアでEDになる人はほとんどいない。
・EDは心的原因が大きいため、「EDになる」という噂が影響しているかもしれない。

ポストフィナステリド症候群について

プロペシアを使用していもEDになる可能性はわずか1%足らずと低いのは、臨床試験の結果が証明してくれています。
しかし、低い確率でEDを発症し、プロペシアの服用を中止してもEDの症状が後遺症として持続する「ポストフィナステリド症候群(PFS)」になる人がいます。

症状

男性機能の症状
リビドー減退
勃起不全
射精障害
精液量の減少
ペニスの縮小
ペイロニー病
陰嚢の収縮
身体的な症状
女性の乳房化
慢性疲労
気力低下
筋萎縮
筋肉のけいれん
乾燥肌
肝斑(シミ)
耳鳴り
肥満化
基礎代謝の低下
体温の低下
自殺未遂
脳・精神的な症状
記憶障害
思考力の低下
理解力の低下
うつ病
自殺願望
不安にかられやすい
無感情
喜怒哀楽がなくなる
不眠症

上記の症状がポストフィナステリド症候群の特徴です。プロペシアの服用を中止した後も長期に渡って後遺症が出ることがあるそうです。
詳細は2012年に設立されたポストフィナステリド症候群財団のサイトで紹介されています。
この症状は、プロペシアで副作用を起こした人にのみ起こる可能性があり、現状の発生件数も少ないため、詳しい原因は今のところわかっていません。
もし発生したとしてもプロペシアの男性機能関連の副作用発生率の1%足らずの内の更に数%だと推測されます。

プロペシア副作用と発がん成分の危険性について

プロペシアは、前立腺肥大症に対する薬として開発されました。
プロペシアというのは薬の名前で、主な成分はフィナステリドです。
実は、この薬の開発中に、被験者の髪が生えるという副作用が報告されたことから、発毛剤として研究されるようになりました。
その中で男性型脱毛症(AGA)は、テストステロンが、頭皮にある悪玉の酵素である5-αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)を発生させます。
このジヒドロテストステロンが髪の毛の生育を押さえるように毛母細胞に働きかけてしまうことで発症します。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、このジヒドロテストステロンの生成を阻止することができるため、AGAに特に効果があるといわれています。
また、頭頂部や側頭部、前髪部にも改善効果が認められ、臨床実験では3年間内服し続けることで、毛髪の成長も確認されています。
この様に、プロペシアはAGAに対して高い効果を期待できる半面、副作用も生じる可能性があります。臨床的には肝機能低下や違和感、性欲減退などが確認されています。他にインターネット上では、発がん性に関する内容も認めています。

日本では、薬事法に基づいて安全性が確認された上で厚生労働省から認可がおります。
このプロペシアも例外では無く、有効成分や錠剤を保護するコーティング剤における発がん性をクリアした薬品です。
では、なぜ発がん性に関する内容を認めたかというと、実は、プロペシアのジェネリック医薬品でフィンペシアといわれる薬品があります。
このフィンペシアは、世界的にも有名な製薬会社のひとつであるインドのシプラ社が製造販売していますが、それをコーティングしている物質のキノリンイエローという色素に問題があります。
キノリンイエローは、発がん性の疑いがあるとされ、日本の食品への添加が認められていません。しかし海外では添加が認められており、発がん性に関しては十分な根拠が無いのが現状です。
やはり、発がん性があると言われると心配になる気持ちは理解できます。そこで、ジェネリック医薬品として、キノリンイエローがコーティング剤として使用されていない商品も開発されています。
十分に調べて自分に合った薬品を選ぶのも重要な項目といえます。

発がん成分の危険性のポイント
・プロペシアには発がん成分は入ってない。
・フィンペシアにはコーティングしている「キノリンイエロー」に発がん成分があると言われている。
・しかし、現在流通しているフィンペシアには「キノリンイエロー」は使われていない。