プロペシア
  • こんな人におすすめ!

  • 薄毛・抜け毛を改善したい方
  • まずはプロペシアで治療をしてみたい方
  • 厚生労働省が認可した安全な発毛剤を使いたい方

AGA?脱毛症?抜け毛の原因を解説

AGA?脱毛症?抜け毛の原因を解説

AGA(Andro Genetic Alopecia)とは日本人男性型脱毛症のことを意味し、男性ホルモンによって起こる脱毛症です。 日本人男性の800万人以上がAGAとも言われています。AGA以外には、MPHL(Male Pattern Hair Loss)と呼ぶこともあります。

男性に起こる抜け毛はAGA以外にも、特定の薬を服用したことが原因で起こることもあります。その代表例に、がん治療で使用される抗がん剤による脱毛が挙げられます。

AGAは男性ホルモンの影響により髪の毛が抜けていく脱毛症です。頭髪は抜けるのに、なぜ髭や脇毛などの体毛は濃いままなのか?この原因については、近年の研究により解明されています。

男性ホルモンが毛母細胞に与える影響

男性ホルモンの影響

男性ホルモンであるテストステロンが細胞に到達すると、5α-還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。
テストステロンからDHTに変化すると、男性ホルモン受容体が10倍も結合しやすくなります。

男性ホルモンは受容体が結合して初めて、ホルモンとしての効果を体にもたらすことができます。 テストステロンよりもDHTの方が結合しやいため、「強力な男性ホルモン」と形容されます。

男性ホルモンは間葉系細胞の毛乳頭細胞に作用することがわかりました。間葉系細胞とは、脂肪細胞や筋細胞など人間の体を構成するために極めて重要な細胞です。

男の子が思春期になると、産毛だった髭や脇毛などが徐々に硬毛に変わり、体つきも大人のように変化します。 これは男性ホルモンの影響によるものです。女性の髭が産毛のままなのは、男性ホルモンの影響が少ないからでもあります。 因みに陰毛が男女ともに硬毛なのは、男性ホルモンの影響です。

髪の毛と髭を対象にした研究結果で、髭の毛乳頭細胞には「IGF-1」という成長因子が生産され、 AGAを起こす前頭部の髪の毛の毛乳頭細胞では、TGF-β1という成長因子が生成されていることがわかりました。

男性ホルモンにより髭の毛乳頭細胞で生産されたIGF-1は、角化細胞を刺激して髭の成長を促進させます。角化細胞とは表皮の細胞のことで、ケラチノサイトと呼ばれています。

AGAの影響を受ける前頭部では、男性ホルモンの影響で生成されたTGF-β1が角化細胞の増殖を抑制することがわかりました。 マウスにTGF-β1を注入すると脱毛が起こるそうです。

体の場所によって男性ホルモンの影響が異なるため、毛髪は薄くなり髭や胸毛などの体毛は濃いまま、などの違いがあります。

参考資料:専門医が語る毛髪科学最前線 板見智著 株式会社集英社
よくわかるヘア修復術 ―男性 女性 傷あと 眉毛&まつ毛 今川賢一郎著 現代書林

男性型脱毛症 AGA

AGAの臨界点

男性型脱毛症の臨界点
男性型脱毛症の臨界点

どこまで髪の毛が後退したらAGAになるのか、その1つの指針に、男性型脱毛症の臨界点があります。 1940年代にJBハミルトン医師が定めた指針です。ハミルトン医師は、AGAの原因は男性ホルモンと遺伝が関わっていることをつきとめました。

AGAは、ひたいの生え際から頭頂線までの距離で診断されます。 ハミルトン医師は、この線を3cmと定めました。つまり3cmまで生え際が後退しているとAGAになると定義したのです。 後に植毛外科医のOTノーウッド医師が2cmに改定し、現在の臨界点はイラストの様に2cmとなっています。

男性型脱毛症発展様式(高島分類)

高島分類

AGAにより髪の毛が抜けてしまう現象は、頭部全域で起こる訳ではありません。AGAの進行状況を図解したハミルトン・ノーウッド分類があります。主に欧米にてAGAの診断で使用されています。

このハミルトン・ノーウッド分類による欧米人のAGAと、日本人のAGAとでは傾向に違いがあります。 欧米の男性は前頭部が薄くなる傾向があり、対して日本人は前頭部は比較的残るものの頭頂部が薄くなる傾向があります。 また欧米とアジアの男性ではAGAの発症確率が異なり、欧米では約5割の男性がAGAを発症するのに対して、アジア人男性は低く、日本人で3割、中国や韓国で2割となります。 中でもアングロサクソン系の男性はAGAの発症確率が高くなるというデータがあります。

日本の皮膚科医の高島巌先生が、傾向の異なるハミルトン・ノーウッド分類を、日本人向けに修正した画像が上記の男性型脱毛症発展様式(高島分類)です。 高島分類は、”Non-Bald(はげてない)”と”Bald(はげた)”と"vertex(頭頂部)"があります。 高島分類での大きな違いは、前頭部の髪の毛はあるのに、頭頂部が薄くなっている”Ⅱ-vertex”が追加されています。

参考資料:専門医が語る毛髪科学最前線 板見智著 株式会社集英社

薬による脱毛症

抗がん剤

AGA以外にも髪の毛が強制的に抜ける症状があります。がん治療で服用する抗がん剤による副作用の脱毛症状が有名です。 抗がん剤が細胞分裂を抑制する影響により、成長期の髪の毛が強制的に休止期へと移行してしまい、髪の毛が抜け落ちていきます。 正常時は髪の毛全体の85~95%の髪の毛が成長期ですが、抗がん剤の副作用によりこれらの髪の毛が一斉に休止期へと切り替わることによる抜け毛です。 服用開始後、1~2週間で髪の毛が抜け始めます。

その他の薬

下記の薬の影響で、休止期の髪の毛が増えたり、成長期の期間が短くなり休止期に移行しやすくなることがあります。

降圧剤

α遮断剤
ドキサゾシンなど
β遮断剤
ベタキソロール、プロプラノロール、メトプロロール、アロチノロールなど
ACE阻害剤
エナラプリル、イミダプリルなど
Ca拮抗剤
アムロジピンなど

脂質異常症用材

HMG-CoA還元酵素阻害剤
アトルバスタチン、フルバスタチン、プラバスタチンなど
フィブラート製剤
ベザフィブラート、クリノフィブラート、フェノフィブラートなど

中枢神経用薬

てんかん治療剤
カルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウム、トリメタジオン、ゾニサミド、リチウムなど
パーキンソニズム治療剤
ベンセラジド、レボドパ、ペルゴリドなど
うつ病・うつ状態治療剤
イミプラミン、メチルフェニデートなど
非ステロイド性消炎値痛剤
アルミノプロフェン、アンフェナク、イブプロフェン、インドメタシン、ジクロフェナク、スリンダク、ナプロキセンなど

消化器官用薬

H2受容体拮抗剤
シメチジン、ラニチジンなど
プロトンポンプインヒビター
ランソプラゾール、オメプラゾールなど
傾向血糖降下剤
グリベンクラミド、グリクラジド、グリメピリド、ボグリボース、アセトヘキサミドなど
痛風治療剤
コルヒチン、アロプリノールなど
骨代謝改善剤
エチドロン酸ニナトリウムなど
ビタミンAと誘導体
エトレチナート、トレチノイン、レチノール、ビタミンAなど
内服抗真菌剤
フルコナゾール、イトラコナゾール、テルビナフィンなど
抗結核剤
エチオナミド、エタンブトール
抗ウイルス化学療法剤
アンブレナビル、ジダノシン、エファビレンツ、インジナビル、ラミブジン、ロピナビル、ネビラピン、アシクロビルなど

ホルモン剤

性ホルモン剤
フルオキシメステロン、テストステロンなど
GnRH誘導体製剤
ブセレリン、ナファレリンなど
子宮内膜症治療剤
ダナゾールなど
インターフェロン製剤
IFNα、IFNβ、IFNγなど
緑内障・高眼圧症治療剤
レボブノロール、チモロールなど
抗甲状腺剤
プロピルチオウラシル、チアマゾール
海洋性大腸炎治療剤、抗リウマチ剤
サラゾズルファピリジン、メサラジンなど
勃起不全治療剤
シルデナフィルなど
血液凝固阻止剤
ヘパリン、ワーファリンなど
引用:専門医が語る毛髪科学最前線 P129

これらは、休止期脱毛症を起こす可能性がある薬です。 必ずしも脱毛症を生じるわけではありません。 抗がん剤と同様に、薬の服用を中止することで、休止期の髪の毛は正常な成長期へと戻ります。